オデッセイ スクール オブ ザイヤー

『オデッセイ スクール オブ ザ イヤー』は、株式会社オデッセイ コミュニケーションズが運営する資格試験、「マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)」、「IC3(アイシースリー)」、「マイクロソフト テクノロジー アソシエイト(MTA)」を実施いただき、学生のITスキル向上に精励された教育機関の皆さまのご功労を称えて毎年行っている表彰です。以下に、2015年度(2015年4月1日~2016年3月31日の試験実施分)の各部門の受賞校を発表します。

2015年度 受賞校一覧へ

2015年度 『オデッセイ スクール オブ ザ イヤー』受賞校

マイクロソフト オフィスス ペシャリスト(MOS) 1位受賞校コメント

大学・短期大学部門 第1位
学校法人 近畿大学
経済学部 教授 田中 敬一 様

本校では、2006年より学内の試験会場でマイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS試験)とVBAエキスパート試験を実施しています。これは、必修科目となった教科「情報」の履修を終えた高校生が大学でさらに学習を深めることを意図 して計画しました。その結果、多くの学生が受験することになり、10年連続して"1位"を受賞することができました。 この資格は、ITリテラシー教育の基礎として位置づけていますが、合格率も高く、資格取得は多くの学生の自信につながっています。

今後は、もう一歩進んだ資格に挑戦できるようなカリキュラムを構築し、"ITを活用できる人材"を社会に輩出できるよう取り組んでいきたいと考えています。

専門学校部門 第1位
日本工学院八王子専門学校
ITカレッジ 蛯名 透 様

本校のIT系学科では、学生のリテラシー能力向上のため、入学後すぐにWordとExcelの講座を設けています。この講座を受講した学生全員がMOS試験に挑戦し、ほぼ全員が合格しています。学生はMOS試験の他にもさまざまな資格試験に挑戦していますが、MOS試験に合格することにより自信が付き、他の資格試験へのモチベーション向上に繋がっています。更に就職活動でもMOS合格者は企業様から評価され、特に事務系の職種を目指す学生にとっては必須の資格と言えます。また、姉妹校である日本工学院専門学校とともにMOS世界大会にチャレンジし、アメリカでの本戦にも出場できました。これも学生が目指す大きな目標の1つになっています。今後もより多くの学生が試験に合格できるよう努力していきたいと考えています。

高等学校・高等専門学校・高等専修学校部門 第1位
学校法人柳商学園 柳川高等学校
情報マネジメント室 主事 山田 孝二 様

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)は、2001年に本校がマイクロソフト社と提携して「マイクロソフトコース」を設置した際に、コースに適した資格を模索するなか、導入に至りました。この資格は、生徒たちにコンピュータに興味を抱かせるための手始めとして、また、スペシャリストとエキスパートの2つのレベルに分かれている点も、生徒たちのスキルの向上と評価に大変役立っています。
今後もこの資格を基礎に、国家資格等にも多数の生徒たちが合格できるよう頑張っていきたいと思います。

IC3(アイシースリー) 1位受賞校コメント

IC3 第1位
恵泉女学園大学
メディアセンター 中西 亜紀 様

本学は文系女子大学ですが、以前から情報科学系科目をカリキュラムに配置し、情報化社会に対応できる学生を育てる教育を行ってきました。2011年度から情報科学系科目をキャリアデザイン科目として、単なるアプリケーションの習得ではなく、資格取得を目指すことになり、検討の末IC3の導入を決定しました。
IC3はPCの技術のみならずIT社会を生きる上で必要な知識を学ぶバランスのとれた内容で、本学の学生が挑戦するには良い資格です。地道に続けてきた取り組みが評価され、大変嬉しいです。
これからも学生のIT能力を高めるための取り組みを続けたいと思っています。

マイクロソフト テクノロジー アソシエイト(MTA) 1位受賞校コメント

MTA 第1位
麻生情報ビジネス専門学校
教務部 高倉 美哉 様

「Windowsサーバの基礎知識」や「セキュリティ、ネットワークの基礎」を習得するために、MTAのカリキュラムを取り入れています。MTAのカリキュラムは基礎的な部分から体系だった内容になっており、基礎知識の習得に適していると思います。また多くの学生がMTA試験に合格し、次のステップとしてMCPやLPIC、CCNAの取得を目指し、さらなるスキルアップのため努力しています。今後は、サーバ、セキュリティ、ネットワークの全科目合格を目指して、学生を指導していきます。