トップ > 営業スタッフブログ > 企業ご担当者様向け IC3体験受験キャンペーン実施中!【6/30まで】

企業ご担当者様向け IC3体験受験キャンペーン実施中!【6/30まで】

2017/06/07

人材育成PC研修ITリテラシー資格の活用/事例情報教育イベント

先日、待ち合わせ時間よりも早めに到着したので、時間まで近くのカフェに居ました。
話の内容を聞いていたわけではないので詳しくはわかりませんが、隣のテーブルの一人の方が最近スマートフォンを購入したらしく「インターネットはわからないけど、スマホはね・・・」と、何かを説明しているようでした。
スマートフォン(スマホ)は携帯電話の一種ですが、ウェブサイトを閲覧する場合にはネットワークに接続するので、インターネットは関係があります。インターネットのしくみって、まだまだ知らない方が多いのかもしれない、と感じました。

最近では情報流出や炎上などネットワークを取り巻く社会問題が話題になっています。ネットの炎上件数は急増しており、SNSの投稿監視サービスや、損保と組んだ補償サービスを提供する企業も出てきています。
スマホの普及で情報発信が手軽になりましたが、身近で便利なツールだからこそトラブルにならないよう最低限のデジタルリテラシーを身に付けて欲しい、と思います。

我が社が運営している資格試験の一つに「IC3(アイシースリー)」があります。
IC3は、コンピューターやインターネットに関する基礎知識とスキルを総合的に証明できる国際資格です。
試験は「コンピューティング ファンダメンタルズ」「キー アプリケーションズ」「リビング オンライン」の3科目で構成されており、アプリケーションの操作をはじめ、インターネット利用時に必要な情報モラルやセキュリティ、コンピュータの保守・管理、トラブルシューティングなど、ITに関する幅広い基礎知識を網羅しています。

インターネットに関しては「リビング オンライン」という科目で対応しています。
インターネットやブラウザー、WWWそれぞれの概念や違いはもちろんのこと、パソコンとスマートフォンの違いについても触れています。
アカウント設定や、メールの送受信、署名の設定、メールの仕分けなど電子メールの使い方、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアを利用したコミュニケーションのルールやモラルなども学べます。
“インターネットを使う上で利用者がどういうことに気を付けたらよいのか”という視点で学べますので、学生だけでなく、企業内でのメールやインターネットマナーを学ぶ教材としても活用いただけます。

現在、企業の担当者様向けにIC3体験受験キャンペーンを実施中です。
抽選で30社(1社につき1名)様に3科目を無料でご受験いただける受験チケットをプレゼントいたします。
ぜひこの機会にIC3の内容をご確認いただき、社員教育や研修の企画にお役立ていただければと思います。

企業においては既存社員のIT研修や新卒内定者教育の一環として、IC3を活用いただいています。
事例でもご紹介しているシャープドキュメントシステム株式会社様では2008年よりCE (カスタマエンジニア)の新入社員研修にIC3を導入され、“新入社員にちょうど良いレベルで、かつパソコンの基礎知識をバランスよく習得できる”と評価いただいています。
資格取得というゴールに向けて学習者のモチベーションを高く維持したまま、学習の成果を客観的に評価することができますので、効果的な人材育成が可能です。
皆様のご応募をお待ちいたしております。

(I)